browserChoice

Last-modified: 2014-08-16 (土) 12:41:50 (2014d)

概要

メーラーやエディタ、ActiveDesktop等でクリッカブルURLをクリックした際、つまり http://〜 をシェル実行した際や、インターネットショートカットをクリックした際に、標準のブラウザを起動せずにブラウザ選択メニューを表示します。

ウェブコンテンツのテストマシンでの使用を強く意識しています。

browserChoice.png

実行方法

注:設定内容をレジストリに書き込みます。この作業は取消しできません。設定を破棄したい場合は、InternetExplorer?やFirefoxの「規定のブラウザに設定する」機能を使い、レジストリを上書きしてください。

圧縮ファイル伸長後、適当なフォルダに移動させ、browserChoiceInstaller?.wsfを実行してください。

ダイアログ内容をよく読み、OKをクリックしてください。

http://〜 などに、browserChoiceが関連付けられます。

ためしに「ファイル名を指定して実行」に、http://google.co.jp/ と打ち込んでみてください。browserChoiceが起動し、選択したブラウザで同URLが開けば登録は正しく完了しています。

設定方法

includeフォルダの中の「config.js」をエディタで開いて直接編集します。

aryBrowser['Firefox'] = '"C:\\Program Files\\Mozilla Firefox\\firefox.exe"';
 aryBrowser['表示名'] = '"実行ファイル"';

という形式で記述してください。 実行ファイルは絶対パスで記述し、\を\\に変え、さらにダブルクオーテーションで囲われている必要があります。

XPスタイルやAEROスタイルの場合、またフォントの設定をメイリオにしている場合などはbrowserChoiceのウインドウの大きさが足りないと思いますので、

resizeTo(100,100); //ウインドウの大きさ

この数字を適宣大きくしてください。

ダウンロード

browserChoice_1c.zip (zip 66KB)