XMPPボット-クライアントの導入

Last-modified: 2014-08-16 (土) 12:41:50 (1992d)

[ 前のページ : XMPPボット-ejabberd管理ページの操作 | ]

クライアントソフトウェアの選定

IMクライアントの中で、XMPP(Jabber)を扱えるものは複数ありますが、今回は Pidgin を使うことにします。

Pidgin, the universal chat client

理由は

  • WindowsでもLinuxでも同様に使える。(マルチプラットフォーム)
  • Linuxでは標準搭載しているディストリビューションが多い。
    →別途インストールが不要、ユーザーが多い(=コミュニティが大きい)。
  • 多数のプロトコルをサポートしており、常駐させやすい。
    (いつも使っているWindows Live メッセンジャーなどを代替できる)
  • 無料、広告なし

などです。

欠点はマスコットキャラクターの鳥がちょっとコワいぐらい…(今のアイコンは随分ましになったが、昔のアイコンはかなり怖かった)

その他のIMクライアントの参考: インスタントメッセンジャー - Wikipedia

Pidginのインストール

大手Linuxディストリビューションなら最初から入っているでしょう。Windowsの場合は http://www.pidgin.im/ からインストーラパッケージをダウンロード後、起動してインストールします。

ちなみに、PortableAppsにて、USBメモリなどに入れてポータブルに使える(システムディレクトリやレジストリを使わない)、Pidgin Portable が公開されています。

Pidginの設定

Pidginを起動すると、まずはアカウントの登録ウインドウが開きます。

pidgin-welcome.png

Add... をクリックし、アカウントの追加ウインドウを開きます。

以下のように設定します。

基本(B) タブ

プロトコル
XMPP
ユーザー名
user01 (WEB管理ページで登録したユーザーID)
ドメイン名
example.com (ejabberdの設定ファイルで設定したJabberドメイン名({hosts, ["example.com"]}.))
リソース
空 (Home とか Office とか、任意文字を入れるべきかもしれない)
パスワード
登録したパスワード
パスワードを保存する
チェックOn
pidgin-account01.png

拡張(A) タブ

サーバへ接続
ejabberdサーバへのアドレス。Jabberドメイン名と同じであれば設定の必要なし。
pidgin-account02.png

保存 をクリックすると保存されます。

サーバの動作確認

1人だけejabberdにログインした状態では、仲間リストに誰も表示されません。

pidgin-list-nobody.png

全員が登録されている共通コンタクトリストが作成されている場合、別のPidginで他のユーザーがログインすると画面に表示されるはずです。

pidgin-list-one.png

実際に発言し、送受信のチェック

pidgin-talk1.png

アカウント設定のリソース欄に何も入力しなかった所、変な乱数?が出てしまったので、Homeという値を入れなおし

pidgin-talk2.png

変な乱数?は消えた。