Windows音声認識 再考/外出チェックを対話的に行う

Last-modified: 2014-08-16 (土) 12:41:50 (2013d)

もどる

家から外出する際、持ち物や戸締りをチェックすると思いますが、そのチェック項目をパソコンに支援させます。

外出チェック.wsf

<package>
<job id="checklist">

<!-- チェック項目 -->
<resource id="checkList">

	Close window
	Stop Air Conditioner
	Cell phone
	Hand towel

</resource>

<object id="wshShell" progid="WScript.Shell" />
<object id="sapi"     progid="SAPI.SpVoice" />

<script language="JScript">

checkList = getResource("checkList").replace(/^\s+/,"").replace(/\s+$/,"").split("\n");


for(i in checkList){
	checkItem = checkList[i].replace(/^\s+/,"").replace(/\s+$/,"");
	if(checkItem == "") continue
	sapi.Speak(checkItem+".");
	wshShell.Popup(checkItem,10,"checklist", 0 | 48);
}

</script>
</job>
</package>

いきなりですがスクリプトです。これを「外出チェック.wsf」という名前で保存し、スタートメニュー内に「外出チェック」という名前でショートカットを置いて、「外出チェックを起動」と話しかけると、実行されます。

<!-- チェック項目 -->
<resource id="checkList">

	Close window
	Stop Air Conditioner
	Cell phone
	Hand towel

</resource>

これがチェック項目で、これらを順番に読み上げ、1つづつ確認を求めます。実際に使う場合は書き換えてください。

outgo-check.png

確認は、「OK」ボタンのみの単純なダイアログボックスが表示されます。Windows音声認識では、見えるものは声で指示できるため、「オーケー」と話しかければOKボタンが押されたことになり、次の項目が読み上げられます。

外出時チェックはPCを見ておらず、両手が塞がっていることも多いため、このような音声コントロールが便利です。