WEBブラウザで音楽再生_06

Last-modified: 2014-08-16 (土) 12:41:50 (2015d)

HTAでウインドウフレームを作成する

音楽を再生するWEBアプリが完成した。

ただ、毎回インターネットブラウザで再生させるのはスマートではないので、それを呼び出すための小さなウインドウフレームを作成することにする。このウインドウフレームはHTAで簡単に書くことができる。

また、IEのセキュリティ設定によるが、通常プラグインを利用したコンテンツは一度クリックしないとアクティブ化できないようになっているが、HTAで再生アプリを読み込んだ場合はロード時にいきなりアクティブになる。個人使用ではこちらの方が便利だろう。

さらに、サーバ側でベーシック認証を行っている場合、自動ログインを行うことも可能だ。

HTAでベーシック認証に自動ログインする

IE特有のURLの記述方法で、

http://username:password@example.com/

というのが昔あった。

これは、URLにベーシック認証用のIDとパスワードを埋め込むことで、即座にベーシック認証を行うというものだが、セキュリティ上の理由(URLの偽装が容易、とか)より2004年にマイクロソフトからIEのパッチが公開され、現在のIEでは使用できなくなっている。

だが、HTAではこの方式でのログインが依然可能なので、この方法でログインを行うことにする。

ただし、この方式ではIDとパスワードが平文テキストでファイルに記述されてしまうことになる。取り扱いは自己責任で、十分注意していただきたい。

player_hta.png

htJuke.hta

<HTML>
<HEAD>
<TITLE>music player</TITLE>
<SCRIPT type="text/JavaScript">
window.resizeTo(315,240);
</SCRIPT>
<HTA:APPLICATION
	APPLICATIONNAME="music player" ID="music player" VERSION=""
	CAPTION="yes" BORDER="thick" BORDERSTYLE="static" INNERBORDER= "no"
	SHOWINTASKBAR="yes" MAXIMIZEBUTTON="no" MINIMIZEBUTTON="yes"
	NAVIGABLE="yes" SELECTION="yes" SCROLL="no" SCROLLFLAT="yes"
	SINGLEINSTANCE="yes" SYSMENU="yes" CONTEXTMENU="yes" WINDOWSTATE="normal"
	ICON=""
/>
<META http-equiv="Refresh" content="0;URL=http://user:pass@ytyng.com/samples/htjuke/">
</HEAD>
<BODY>
</BODY>
</HTML>