Playstation Portable(PSP)

Last-modified: 2014-08-16 (土) 12:41:50 (2236d)

PS3を買ったはいいが、面白そうなソフトがなかなか出ないのでシビレを切らして買ってしまった。

電車で移動することが多いため、利用する機会がとても多い。正直2007.02現在、PS3には全く触っていない。PSPの方がよっぽどお手軽で面白い。

ゲームについてはここには記述しない。

USB接続

USBで接続することで、メモリースティックリーダーのように使うことができる。ゲーム起動中は接続できない。

音楽再生

mp3,AAC,WMA,atrac3が再生可能。USBで接続し、ファイルのドロップのみで端末から認識され、そのまま再生可能。変な著作権保護システムでもあるかと思ったらそうでもない。SONY見直した。

/PSP/MUSIC/ フォルダに投入する。任意ファイル名でOK。フォルダつきでもOK。日本語OK。使いやすい。

PSP内でのアーティスト・曲名の表示はID3タグを読み込んで行う。

再生画面はなかなか美しいヴィジュアルエフェクトが見れる。早送りすると表示が変わったりして十分楽しい。

メモリーカード内の全ファイル再生は△ボタンで。

音質も悪くない。

動画再生

mpeg4,H.264形式での再生が可能。携帯動画変換君なら一発。

H.264形式の場合は \MP_ROOT\100ANV01 内に(101ANV01となる場合もある) MAQ00000.MP4というファイル名(0は任意の5桁の数字)というファイル名で保存する。

MPEG4形式の場合は \MP_ROOT\100MNV01 内に(101MNV01となる場合もある) M4V00000.MP4というファイル名(0は任意の5桁の数字)で保存。

どちらも動画タイトルはタグを読み込んで表示される。携帯動画変換君へつっこむ前にファイル名を適切につけておけば自動的にそのタイトルが表示される。

PSPはワイドスクリーンだが、画像を縦幅に合わせるか、横幅に合わせるか、アスペクト比を変えて画面にフィットさせるかの設定は再生中に行える。これまた使い勝手が非常にいい。

5分程度のPVなら10MB〜20MBぐらいになるだろう。

画像再生

インターレースJpeg(プログレッシブNG)、PNGなどの閲覧ができる。

\PICTURE もしくは \PSP\PHOTO に入れれば見れる。フォルダつきでもOK。日本語OK。

再生させた瞬間は低解像度(ぼやけた感じ)で表示され、しばらく(1MBのJpegで3秒ぐらい)待つと適切な解像度で表示される。正直遅くてイラつく。

コミックを読みたい場合は事前に画像ファイルの解像度を適切に調整しておくべきだろう。そうしないと遅くて見れたものではない。

遅さに目をつぶれば画像再生プログラムも秀逸。

インターネットブラウザ

公式サイトから体験版をダウンロードしたり、等の用途に使える。正直Googleでちょっと検索とかはキツイ(文字入力が大変)。

体験版の説明などに使う機能だと思う。

PS3を使った時も感じたことだが、ゲーム機にブラウザを内蔵させるのは良いアイディアだと思う。ヘルプページ作成の工数も減らせるし。

ロケーションフリープレイヤー

母艦がないため確かめていない。

PortableTV

so-netのサービス。so-netのアカウントが必要。

TVとか言っておきながら、動画データをダウンロードするだけのサービスで、ストリーミング再生されるわけではない。使い勝手悪い。

画質はかなりいい。

カラオケ1本(期限:30日間)158円、お笑い1本(4分弱,7日間)158円、映画1本(7日間)400円程度とかなり割高。宅配レンタルの方がよっぽど安くて幅広い。PSPに入れるのもフリーソフトだけでできる。ダウンロード時間と変換時間は同じぐらい。使えない。

コンテンツが面白いと感じるかは人それぞれだと思うが、僕はあまり好きなものはなかった。

その他

実際に手にとってみて分かったが、質感が非常に良い。ただLRボタンだけ妙にショボい。

ゲーム売り場にある32MBメモリースティックは割高なので買わない方が良い(実際気づかず失敗した)。パソコンエリアにある1GB〜2GBをおすすめする。

電池残量を推定残り時間で表示することができる。良い。満タンで6時間ぐらい遊べるみたい。

ゲーム中でも、すぐさまスリープモードに移行することができる。目的の駅に到着してしまった時とか超便利。

LANのスイッチがハードウェア的なスライドスイッチになってるのも安心感があって良い。VaioUもそうだったかな。

総合して、すごくお買い得なデバイスだった。もっと早く買っておけばよかった。