PODxt

Last-modified: 2014-08-16 (土) 12:41:50 (2236d)

shopping

Line6 POD XT

2005年5月

http://www.korg.co.jp/KID/Line6/Podxt/(輸入販売しているKORGのサイト)

ギタリスト(私は違いますが)なら誰でも知ってるアンプシミュレータとオーディオインターフェイスとマルチエフェクターが一緒になったすんごいコンパクトデバイス。

「宅録にはイイ」とさんざん聴いていたため購入。36,000円ぐらい。

結論から言うと、まじでいいです。このコンパクトさ、音質、値段、すべて。

■入力

6mmモノラルフォーンジャックのみで、基本的にはギターのみサポート。ダイナミックマイクぐらいなら入るかも?ファンタム電源なんてのはもちろんついてない。

■アンプシミュレータ

さすがLine6のPODというものばかり。演奏するジャンルが偏ってる方は「使えない」と思う音もあると思いますが、私はいわゆる「ハズレ」な音は少ないと思います。本体についてるノブは主にこのアンプシミュレータをコントロールするもの。各パラメータを高速エディットすることが可能です。

また、ライブ使用(というかアンプ使用)を考えて「アンプシミュレータを使わないモード」なんてのも用意されてます。それってPODの意味ないのでは……。

■エフェクター

まだそんなに試してません。ってかそんなに使いません。

■オーディオインターフェイス

ASIO対応がうれしい。ちなみに録音ポートだけでなく再生ポートもちゃんとあります。つまり、いつも聴いてる音楽やDAWからの出力をPODから再生可能!だからなんなんだ。

ちなみにこのオーディオインターフェイスはマスターボリューム(OUTPUT)の直前にあると思っていいみたいです。

■エディットソフト/ライブラリアン

GuitarPort?ソフトウェアを使用することで、各パラメータをPC上で制御可能。今となっては当たり前ですね。グラフィカルで使ってて楽しい。ディスプレイの場所とる。「Line6 Clean」の音色の時に出てくるおっさんが意味不明。そんな感じです。

あとこのソフトのチューナーはおおざっぱでまったく使い物にならない。なんのためのGUIなんだか。