MX610のチャタリングを解消する

Last-modified: 2014-08-16 (土) 12:41:50 (2117d)

いきさつ

Logicoolの多ボタンマウス、MX610( http://www.logicool.co.jp/index.cfm/mice_pointers/mice/devices/170&cl=jp,ja )は多ボタン・レーザー・チルトホイール・PCとの相互通信可能と、(発売当時としては)機能盛りだくさんでかなり面白い機種。気に入ってたんですが、最近「左クリックするとダブルクリック認識される」という症状が頻発するようになってしまいました。昔から稀に発生はしていたのですが、実用に絶えないレベルに達しました。

ネットでも同様の症状が発生した人は多数見受けられます。設計上の不備、つまり製品不良であることは明白で、メーカー修理に出そうと思いました。保障期間5年だし。

で、販売店に行って修理窓口に問い合わせた所、「ロジクール製品は店頭での受付はできない」とのこと。そこで、ロジクールの製品サポートに電話。

…出ない。音声ガイダンスが流れるが、営業時間内であるにもかかわらずオペレーターが取り次いでくれない。時間を置いて5回ぐらい連絡してみたが全然ダメ。メーカーも販売店もふざけんな。

ということで、自分で直してみることにしました。メーカー修理に出してもまた再発することもあるらしいですし。自分で直した方が早いし。

IMG_0258.JPG

準備

まずは資料集めですが、大手マウスだけありネット上に情報は豊富。解決策も多く発見できます。原因と対処法としては、

  • もともとスイッチの出来が悪いため、良品と交換することでチャタリングを回避する。
  • スイッチ接続時のチャタリングノイズをキャパシタ(コンデンサ)で吸収することで回避する
  • 本体の剛性に問題があり、スイッチを押し込む際にブレ(?)が生じる。このブレがチャタリングに影響しているのではないか。剛性を変化させることでチャタリングを回避する

など。

交換用スイッチは市販されているものを見つけることができなかったため、コンデンサの追加とスイッチ剛性の変化にて対応させてみることにします。組み込みチップの再プログラミングでも(ソフトウェア的に)回避可能な気もしますが、素人レベルでは無理か。

分解

IMG_0245.JPG

分解にはアスタリスク(*)形のネジ(トルクスと呼んでいいのだろうか)を外す必要があります。専用の工具か小型のトルクスドライバーで外せますが、小型の六角レンチやマイナスドライバーでも外せると思います。僕はマイナスドライバーで外しました。MX610の初期型はプラスネジらしい。

IMG_0248.JPG

左右クリックのスイッチを交換することで、左クリック時のチャタリングの可能性を低くできるかと思い、やろうとしたのですが、スイッチがうまく外せず破壊してしまいそうなのでやめました。

コンデンサ追加

IMG_0249.JPG

左右クリックスイッチにコンデンサを追加します。0.1μFで良いのでは (Logicool MX-610 チャタリング問題 解消法 http://mono-zukuri.net/blog/archives/2007/11/logicool_mx610.html )、とあったので、同容量の積層セラミックコンデンサにしました。厚さ2mm,直径3mm程度の大きさであれば問題なく収まるでしょう。

IMG_0250.JPG

向きによっては、シャーシのピンに引っかかるため注意です。僕は一度間違えて逆向きにつけてしまい、やり直すハメになってしまいました。この画像が正解の向き。

IMG_0251.JPG

このピンにコンデンサが干渉した

IMG_0252.JPG

そのままテスト。これはいい感じ。この時点で、チャタリングは撲滅できます。

剛性変化

IMG_0254.JPG

「遂にMX−610のチャタリングに終止符を打てた!」( http://makige.blogzine.jp/kadochi/2006/10/post_e2e2.html ) を参考に、本体のボタン部の剛性強化のためにホットボンドを盛ります。0.5mm厚のプラ板一枚を貼り付けても良いかも。

この際、本体を過熱しすぎて、若干ゆがんでしまいました。

IMG_0255.JPG

さらに、ボタンの低ストローク化。スイッチ押下部にプラ板を貼り、延長します。

おまけ

IMG_0256.JPG

ついでにホイールのクリックレス化。バネとボールを外しただけです。クリック無いほうが好きなので。粉を吹いてたので、タミヤのプラスチック用モリブデングリスを注油。

IMG_0257.JPG

はがしたソールは廃棄したので、代わりとなるソールを購入して貼り付け。

「カグスベール」なんてのも良いと聞いたんですが、市販のマウス用ソールにしました。

厚くていい人はジュラコン製のギターピックなんか加工してもいいかもですね。

最後に

IMG_0259.JPG

結果的に、自分でやって大正解だったと思います。メーカー修理に出すかどうかで悩んでた自分があほらしい。

サポート電話もロクに出てくれないメーカーの保証書なんてイラネエヨ!