Canon IXY DV M2 のスイッチの接触不良を改善する

Last-modified: 2014-08-16 (土) 12:41:50 (2014d)
ixy-dv-m2_01.jpg

Canon IXY DV M2 です。初期のDVカメラです。フタを明けた状態

ixy-dv-m2_02.jpg

このスイッチが接触不良を起こして、軽く触れただけで再起動がかかったりして使い物にならないため、分解・清掃を行い接触不良を改善させます。

ixy-dv-m2_03.jpg

コントロールパネル部はプラスネジでと止められているだけなので、ネジを外してあけます。

ixy-dv-m2_04.jpg

ストラップがついたままだと分解できないので注意。

ixy-dv-m2_05.jpg

フタをあけると、リボンケーブルがでてきます。

ixy-dv-m2_06.jpg

コネクタの黒パーツをていねいに動かし、リボンケーブルを外します。基盤もネジ止めされているので外します。

ixy-dv-m2_07.jpg

接点が露出しました。綿棒でのふきとり、スイッチルーブの再塗布、スイッチブラシを起こすなどして、接触の改善を図ります。

メンテナンスが終わったら、再度組み立て。

ixy-dv-m2_08.jpg

組み立て失敗。カセット取り外しノブを付け忘れてしまいました。注意。

→劇的に改善しました。接触不良は起こっていません。