ArGoSoftware Mailserverのインストール

Last-modified: 2014-08-16 (土) 12:41:50 (2237d)

windows tips

Windows用高機能メールサーバ。 ArgoMail?という呼び方が一般的なようです

配布元

http://www.argosoft.com/

http://www.argosoft.com/files/apps/agsmail.exe

インストール

自己解凍インストーラなので、ダブルクリックして起動します。任意のフォルダを選択し、インストールします。

起動

スタートメニュー、もしくはデスクトップ上のショートカットから起動し、設定を行います。

設定

  • 【General】
    DNS Server: プロバイダのDNSサーバを指定すれば問題ないでしょう。
    Load Server at Windows Startup: Windows起動時に自動実行します。チェック。
    LocalHost?: 自身のローカルIPアドレスを指定しておけば問題ないでしょう。
  • 【Local Domains】
    下部のテキストボックスをクリックし、ダイナミックDNS等で取得したURLを記述し、Add。
  • 【Ports】
    ポートの指定。特にデフォルトで問題ないですが、私は80番をHTTPサーバで使用していたので、HTTPのポートのみ変更。1025番以降としました。ウェブブラウザでこのポートに接続すれば、webメーラーが使用できます。
  • 【Logging】
    ログを残すかの指定。慎重派な方は全チェックで。
  • 【SMTP Authentication】
    メール送信時に認証を必要とするかの設定。Enable...にチェックをすれば認証を行います。…が、うまく動きませんでした。不正な第三者中継をしないためにも、必須の設定項目です。

ユーザ(アカウント)の追加

tools→Userより追加できます。User Name,Password,Confirm Passwordのみ必須。かなりサクサク追加できます。

テスト

以上で基本設定は終わりです。LAN内から、インターネットから、十分にメール送受信テストを行ってください。

わからなかったところ

まず、SMTP-Authがうまく機能してないようでした。また、メール送信時に同じメールが2通届くという現象が発生しました。遅延メールの処理も非常にやりにくいと思ったので、使用するのはやめました。