ASUS EeePC900 のコイル鳴きを改善する→失敗

Last-modified: 2014-08-16 (土) 12:41:50 (1992d)

ASUS EeePC900 ( EEEPC900-BF004X (MB REV 900))ですが、コイル鳴きがひどいんです。特に、バッテリー運用中のジージー音がハンパないです。 ACアダプタを接続したり、USBメモリを接続したりすると多少音量が小さくなりますが、まだ鳴ります。スタンバイ状態でも、本体に耳をくっつけるとジージー音が聞こえます。

eeectlでCPU能力を変えたり、画面バックライトの明るさを変更したりしてもノイズが変わります。ノイズが最小となるようなセッティングでしばらく使っていたのですが、我慢の限界に達したため、本体を開けて音源を特定してみようとしました。

が、結果言うと、音源の特定はできませんでした。結局、メーカー保障を失っただけで終わりました。 僕のスキル足らずが原因だと思いますが、コイル鳴きが気になる方はメーカーに問い合わせるのがいいかと思います。

IMG_0361.JPG

分解写真は、

これらが詳しいです。参考にしました。

分解

まず、バッテリーを外して、

IMG_0362.JPG

キーボード上部の、真ん中の金属ツメ(↑)を押しながら、

IMG_0363.JPG

裏側の金属版(↑)を押します。すると、キーボードの中央部が浮き上がります。同じように、左右の金属ツメを押しながら、キーボードを外します。

IMG_0364.JPG

無変換キーの下あたりにフレキケーブルがあります(↑)。コネクタのロックをマイナスドライバーなので外し、フレキケーブルを抜くとキーボードが外れます。

IMG_0365.JPG

保障無効の警告シール(↑)をためらいながら除去します。

IMG_0366.JPG

青いのはタッチパッド用フレキケーブル(↑)。これも外しておきます。

IMG_0367.JPG

で、メインボードがむきだしになります。

音源の特定

この状態でバッテリーを装着して電源を入れてみると、やはりコイル鳴りのようなノイズが聞こえます。 CPU、チップセットのヒートシンクが外れている状態のため、あまり長時間の駆動は危険なので、1分程度起動させたらすぐさま電源を落とし、しばらく冷却させてから再び電源を入れ、音源を捜そうとしたのですが…

コイルやコンデンサ、クロックジェネレータっぽいものを触って音の変化を確認していったのですが、特定できず。触って変化がないということは、ホットボンドで埋めてもおそらく変化はないでしょう。モールドケースの内側で発信しているのかもしれません。

IMG_0370.JPG

音量的には、この蟹チップ周辺で鳴いているような気もするのですが、鳴くようなパーツはなさそうに見えます……?

結局わからなかったので、いそいそと組みなおしました。

クリック音の静穏化

タッチパッドのクリックが爆音なので、少しでも静穏化をしようと思います。(が、これまた失敗でした)

メインボードのクリックのタクトスイッチだけを押すと、「プチ・プチ」と悪くない音。ところが、クリックボタンを通して押すと「カチイッ!」とけっこう大きな音がなるので、ちょっと嫌です。

これまた、どういう鳴り方をしているのかわからなかったのですが、クリックボタンとタクトスイッチの接触部にクッションを仕込んでみることにしました。

IMG_0373.JPG

まず、スイッチ部の足を短く削り(↑)、

IMG_0375.JPG

熱収縮チューブをクッションがわりに使います。

IMG_0376.JPG

熱収縮チューブをはめて、切りそろえ(↑)、熱を加えて少々収縮させます(写真なし)。

組んでみたところ、まあクリック音が小さくなったといえばそう思えるのですが、劇的な変化は無しでした。あいかわらずうるさいです。これまた失敗か。

そして

組みなおした EeePCは、以前と変わらず爆音とともに元気に動いています。