録音コントロール

Last-modified: 2014-08-16 (土) 12:41:50 (2237d)

windows tips

録音コントロールの一発起動

DTMをしていると、「録音コントロール」のウインドウをよく開く。

標準では、タスクトレイのアイコンをダブルクリックし、オプション → プロパティ → 録音 と選択しなければならず、とても手間だ。

マザーボードやサウンドカードのドライバによっては便利なものに置き換えてくれるが、私のマザーボードのドライバはそういった便利なものはついていなかった。

この「録音コントロール」を一発で開くには、windows\system32フォルダにある「sndvol32.exe」を「-r」オプションをつけて起動すればよい。

system32にはパスが通っているので、「ファイル名を指定して実行」で

sndvol32.exe -r

と入力すれば録音コントロールが開く。

私はこのショートカットを作りパスの通ったフォルダに入れ、またランチャソフトにも登録しておいた。

オプションの指定はMS-DOS伝統の / を使用し、

sndvol32.exe /r

と入力してもよい。