ラインセレクターを自作する

Last-modified: 2014-08-16 (土) 12:41:50 (2152d)
efx_ls.jpg

規格/仕様

 今回はギターやベースなどさまざまな楽器に使用できる ペダル形ラインセレクターを作成したいと思います。

 2系統入力→1系統出力、もしくは1系統入力→2系統出力 どちらでも使用できるようにしたいと思います。

 コントロール系統は「1フットスイッチ」のみ。 パイロットランプはとりあえずは付けないこととします。

使用例

1入力、2出力で使う場合

 入力側に楽器、出力側にアンプを1つづつを繋げば、アンプセレクター として使うことができます。

 出力側の片側にだけアンプを繋げばミュートスイッチとしても 使えます。さらに、あいているもう一方にチューナーなどを繋げば 音を出さずに瞬時にチューニングすることができます。

2入力、1出力で使う場合

 あまり仕様頻度は高くないかもしれませんが、楽器2つを1つのアンプ で共有する場合など、ケーブル差し替えの手間が省けます。

裏技

 選択側の端子のどちらか1つだけにケーブルを接続すれば、 フットスイッチでチャンネルを変えることのできるギターアンプの チャンネルセレクトスイッチとしても使うこともできます。

パーツリスト

パーツ名数量
ケース1
フォーンジャック(モノラル)3
スイッチ(プッシュ・プッシュ形)1
  • ケースはの大きさはよくあるエフェクターサイズ 程度がよいでしょう。具体的には縦70mm横50mm高さ30mmぐらいです。 金属製はシールド効果が高くローノイズなのですが、加工しにくく 高価なため、プラスチック製の物をお勧めします。内側にアルミ箔 などを貼りシールドしておくとノイズにも安心です。
  • フォーンジャックは特に何でもかまいません。
  • スイッチはプッシュプッシュ(ON-ON)形6端子のものがよいでしょう。 つまり、スイッチを押して片側がON、さらに押してもう片側がONになる というものです。 9端子以上あればパイロットランプを作ることもできます。

 見てのとおりパーツ点数激少。誰でも簡単に作れます。

配線図

lineselector.gif

 アース配線は省略してあります。

 ジャックのアース、ケースのアース、 配線図内のシャシーへのアースはそれぞれ結線してください。

説明

 主要パーツは配線図中央のスイッチ1つのみ。

 i1端子の信号をスイッチ上部で出力選択し、i1端子と 結線されてない出力端子をアースに落とすというシステムです。

 上記配線図内では、i1端子がスイッチによってo1端子に 結線されています。o2端子の信号は、スイッチ上部と連動した スイッチ下部によりシャシーへのアースに落とされます。 スイッチを踏み込めば回線が切り替わり、i1端子とo2端子が 結線されてo1端子がアースに落ちることとなります。

 使わないほうの端子(上記の例でo1端子)をなぜ アースに落とすかというと、例えばアンプ2台のセレクター として使う場合に使ってない方のアンプからノイズが 出るのを防ぐためです。また、この機構により アンプのチャンネルセレクタスイッチのかわりにも 使えてしまうわけです。

 以上の回路をケースに組み込めば完成、ということになります。 時間は30分ほどあれば完成させることができるはずです。

完成、そして

 今回のものは初回ということで非常に簡単で使いようの あるものを採用しました。フットスイッチはコンパクトエフェクター の基本中の基本で、どんなエフェクターにも必ずついているものです。 スイッチ1発使用というきわめて簡単な構成で作成したので 少々物足りなかった方もいたかもしれませんが、これからは もっとパーツ点数も多くなるので期待していてください。

 また、大出力のアンプには使わないほうがいいかもしれません。 もしかするとアンプを飛ばしてしまうかもしれないので。 なぜかというと、スイッチによっては踏んだときに抵抗値が 0からいきなり∞になりそしてまた0に戻るというタイプのものが あるからです。つまり、アンプの電源を入れたまま、 ボリュームを上げたままシールドを抜くようなものです。 アンプにダメージを与えかねません。 (ちなみに、10台近くのアンプを試しましたが、すべて無事でした。)

 なお、ただ信号線をスイッチでアースに落とすタイプの ミュートスイッチに改良(?)すれば、アンプへのダメージは 無いはずです。でもこれだとラインセレクトができない・・。