キューケース

Last-modified: 2014-08-16 (土) 12:41:50 (2120d)
cue-case_06.jpg

ビリヤードのキューケース、というかキュー袋。

2本入る市販のキューケースで、シンプルなのがなかったので作成。

ただの袋なので、振るとキュー同士がぶつかる。保護機能なし。コレクターにはオススメデキナイ。


cue-case_01.jpg

日暮里 And Leather にて購入の革。なんの革だか忘れた。2000円ぐらい。

手持ちのプリンタでは、この大きさの型紙は出力できないので、裏面に直接マジックで製図。

書いた線が見にくくて、誤差でまくり。おすすめできない。

cue-case_02.jpg

大きさを確認。こんなもんか。

cue-case_03.jpg

ハサミでジョキジョキと切り出し。(→たちナイフをつかいましょう。反省。)

cue-case_04.jpg

ベルト台の位置も、オフィス感覚で直接ボールペンでプロット。

cue-case_07.jpg

ベルト台を縫合し、ジャンパーホックをつけて、横を縫合。できたー。

フタは、ジャンパーホックx6で開閉します。

穴あけ精度が甘かったので、閉めたときにちょっとゆがんでしまいます。

cue-case_08.jpg

ベルト固定部。まあ、悪くない。

ベルトは、革ベルトを作るのがめんどうだったので、ナイロンベルトにしてます。

cue-case_09.jpg

ベルト上部

この、ベルト台の縫合が一番大変だった。同じような縫合を8回繰り返さないといけないので、飽きる。

cue-case_10.jpg

開けた図。

製図の補助線がそのまま残っている。

床面やコバの処理は一切してません。めんどうだったので…。